在留資格の宗教とは

千葉の行政書士、浅野です。

宗教問題はとても深いので宗教問題を書くことは控えます。そうではなくて在留資格の宗教について書きます。在留資格にも宗教と呼ばれる種類があるのです。これは海外の宗教家が日本で宗教上の活動や布教をするためですね。僕は一度だけ宗教の在留資格を見たことがあります。千葉駅前を歩いていると外国人の若い人に「ちょっとちょっと〜」と声をかけられました。話を聞いていて話も終わりかけた頃だったかどうか記憶は定かではありませんが、「在留資格は何を貰っているの?ビザビザ!」と聞くと「宗教!」とのことでした。それはそうと入管法別表一には何と書かれているのでしょうか。

「外国の宗教団体により本邦に派遣された宗教家の行う布教その他の宗教上の活動」

「その通り!」と言いたくなるように書かれていますね。宗教に与えられている在留期間は、最長で5年ですね。宗教の在留資格をお目にすることはたまにあると思います。外国人の人に宗教的な勧誘を受けたら聞いてみると前述したように「宗教、宗教、宗教のビザだよ!」と返答があるかもしれませんね。それはそうと日本で宗教の活動をしている外国人の皆様、お疲れ様です。異国の地での布教活動は大変だと思います!千葉市の行政書士のつぶやきでした。



千葉市の行政書士

 ▲ページトップに戻る